• HOME
  • トピックス

Topics

電子定款認証ができるようになりました

定款とは、会社の組織や運営についての根本的な規則を定めたものであり、「会社の憲法」とも呼ばれます。

記載される内容には、会社の名前、本社所在地等があり、会社を設立する場合には必ず定款を作成しなければなりません。


定款は公証人役場というところで「定款の認証」を受けて初めてその効力を発します。


従来の、紙を使った定款認証の場合 印紙税 40,000 円 がかかりましたが、電子定款を利用して会社を設立すれば定款に貼る収入印紙が必要なくなり、4万円の収入印紙代が節約できるということです。


電子定款認証を個人で行うことも不可能ではありませんが、、Adobe Acrobat やプラグインソフト、電子証明書等の購入に約10万円ほど経費がかかってしまいます。会社設立の際は、費用を抑えるためにも、電子定款認証に対応した当事務所の専門家のご利用をおすすめします。


 

お問い合わせはこちら