Topics

LLP(有限責任事業組合)法が施行されました

平成17年8月1日より事業体としての新しい形であるLLP法が施行されました。

有限責任事業組合(Limited Liability Partnership)の略称ですがいったいどういったものなのでしょうか
 

特徴は?

大きく4つの特徴があります。

  1. 構成員課税(注)であり、法人税が課税されない
  2. 設立までの費用、期間が株式、有限会社と比べて安く、短い
  3. 出資額以上の責任を負わない有限責任である
  4. 出資比率に関係なく利益や権限の配分を決めることができる

(注)会社であれば収益をあげた時点で法人税、その後出資者に配当される時点で配当課税がなされ、出資者にとっては2重に課税がされるといったことになりますが、構成員課税の場合、収益が出れば出資者(組合員)の個人の所得として一度だけ課税されるのみとなります。さらに、構成員課税だと、出資者自身の本業の収入と合算することもできるので赤字が出た場合も税金面で有利です。
 

どんな場合にLLPを設立するの?

資金を持っていないが、技術やノウハウを持つ技術者と資金を持つ企業との組み合わせや、違う業種の事業者やアーティスト同士がお互いの技術やノウハウを出し合っての共同事業が可能です。
 

LLPと会社の比較

  LLP 有限・株式会社
法人税の課税 なし あり
配当時の課税 あり あり
設立時の定款認証 不要 9万円
出資額 2円以上 有限300万、株式1000万以上
設立までの期間 約10日 約20日
有限責任

 

上記の表のようにLLPは共同事業の成立を促進する目的で作られていますので簡単に早く設立できるようになっています。
 

お問い合わせはこちら