建物表題登記

建物表題登記とは土地家屋調査士の業務範囲で、建物の位置、構造、種類、床面積などを記録した登記簿のことです。建物を新築したときや未登記の建物を購入した際に、建物の物理的な状況および所有者の住所および氏名などの項目を登記簿に登録することを建物表題登記といいます。
 
建物の所有者は原則1ヶ月以内に建物表題登記をする義務があり、この登記がなされると、登記簿謄本に建物に関する情報(建物の位置、構造、種類、床面積など)が記載されます。ちなみに、土地の地目(その土地が何の目的で利用するべきか行政がそれぞれの土地に対して決めています。)が宅地以外であった場合は土地地目変更登記をします。 
 
分譲マンションなどは部屋ごとに所有者が異なり、登記が必要で、その登記は、区分建物表題登記をします。