就業規則

労働基準法では、労働者が常時10人を超える事業所に対し、就業規則の作成・届出を義務付けていますが、価値観が多様化している現在では、"法律で義務付けられているから"という受け身の姿勢で作成するのではなく、経営者の“メッセージ”を就業規則にブレンドすることで、従業員に公平感や安心感、そして適度な緊張感を醸成したいものです。

 

就業規則は、労働時間や休日などの「労働条件」とその職場で働くうえでの「服務ルール」が内容とされています。これらの労働条件等を明確化することで、従業員にとっては労働条件が確保されていることが確認でき、安心して仕事をすることができます。

また、会社にとっては就業規則で定めた条件やルールによって、合理的・一律的な管理をすることができ、個人の価値観に振回されたり、無用なトラブルに巻き込まれる確立は減ります。

 

当事務所では法律で定められたルール決めは当然として、「労使ともにわかりやすく、無用なトラブルを予防する社内ルールの整備」という視点から、就業規則の整備をお手伝いします。

お気軽にお問合せください。