司法書士インタビュー~八塚 祐司(司法書士)

八塚祐司.JPG  八塚 祐司(司法書士)
 現在F&Partners大阪事務所の所長を務める。
 実務だけではなく、マネージャーとしても活躍する八塚
 に、F&Partnersの日々の業務から、

 今後の目標についてインタビューを行いました。

F&Partnersへ入社したきっかけ、印象


―F&Partnersへ入社しようと思ったきっかけは?

長年個人事務所で勤務司法書士として働いていたおりまして、そろそろ自分の方向性を定めようと考えたとき、
独立しようか、法人に属して腰を据えて働くか、非常に悩みました。
これからこの業界で生きていくには『組織的な英知とパワーが不可欠』という結論に至り、
法人所属の道を選びました。
その状況の中で、縁があって当社にお世話になることになったのですが、
『100年存続するグループを目指し、現状に甘んじることなく常に革新に挑戦する』姿勢に共感し、
「ここに賭けてみよう!」と入社を決心しました。
 
―入社してみたときの印象は?
 
若くても実力があり、しっかりしたスタッフが多いなぁ~と、中年の私としては少し焦った記憶があります(笑)
あと、「大きな個人事務所」から「キチンとした会社組織」を目指し、改革に着手している会社だな…
ならば、今は変革期だから、中途採用の自分でも頑張れば活躍できるチャンスがあるかも!?と、
期待に胸を膨らませた覚えがあります。
あと、三拠点をネットで繋ぎ、毎日朝礼をしている事には驚きました。普通の司法書士事務所では、
やってないでしょうからね~。会社の理念や情報を全員で共有する事、それを毎日継続する事、
手前味噌ですが、素晴らしい習慣だと思います。
 
ー最初どんな業務からスタートして、今はどんなポジション・担当業務ですか?

実務経験はありましたので、最初から、分譲業者案件や投資用案件など、主に不動産登記を担当しておりました。
今はそれら登記実務に加え、大阪事務所の所長を拝命しましたので、
事務所全体のマネジメントに力を注いでおります。
一職人に過ぎなかった自分ですので、まだまだ修行の日々ですが、刺激的な毎日を過ごさせてもらっております。

今後の展望とこれから入社を検討される方へ

―今後3年、10年で大阪チームはどうなっていきたいか?
 
若いスタッフが多いので、まずはたくさん実務の経験をしてもらい、
個々のスキルアップを図る事が直近の課題です。
その上で、3年後には「チームの目標」と「自分自身の目標」をバランスよく達成できる自立したメンバーが
集い、互いに協力し、シナジー効果を発揮している『真のチーム』になっている事が目標です。
10年後には、大阪事務所単体で、現在の京都本社のようにワンストップでお客様のご要望に
お応え出来る規模に成長している事が目標です。
 
ーどんな方に来ていただきたいか?どんな意識の方が向いている職場と思うか?

私個人の意見ですが、出来れば長く苦楽を共にし、グループの発展に貢献していただきたいと
考えておりますので、当社に腰を据えて働きたいというお考えの人に入社してもらえると嬉しいです。
そして、どんどん新しい業務にチャレンジし、スピード感のある会社ですから、自分で考えて行動できる人、
向上心のある人が当社には向いていると思います。
また、グル―プ一丸となって前進している会社ですので、チームプレーが得意な人は、
成長速度もより速いと思いますね。
堅過ぎず、緩過ぎず、バランス良い雰囲気の会社ですので、前向きな人であれば、
楽しく仕事をしていただけるはずです。